よくある質問

当協会に寄せられるお問合せの中で特に多いものをピックアップいたしました。
ご参考なさってください。
なお、該当のないご質問がございましたら本ページの下にございますお問合せフォームをご利用ください。
 


 

Q.アレンジの経験がなくてもディプロマコースは受講できますか?

受講できます。JFSAのカリキュラムはフラワーアレンジメントのご経験がなくてもすぐに理解できるようにわかりやすく工夫された内容になっております。

カリキュラムの中には難しいレッスンもありますが、段階を踏んで技術を習得していけば問題ありません。

 

Q.作品はどのようなものを作るのですか?

大人の女性が好むシックでモダンなデザインが最大の特徴です。全体的にホワイトやグリーンといった落ち着いた色合いを多く使い、

シンプルで飽きのこないデザインになっております。ディプロマコースではアレンジメントに壁掛け、ブーケなど様々なスタイルを習得いただけます。

 

Q.協会コースを受講中ですが、私はJFSA会員ではないのですか?

ディプロマを取得して会員登録した方がJFSA会員と認定されます。協会コースを受講しただけではJFSA会員とは認定されません。

 

Q.会員登録をしないとディプロマはもらえないのですか?

いいえ。各コース単位修了後ディプロマ申請をして発行手数料をお支払いただければ会員登録をされなくてもディプロマを発行いたします。

ディプロマ取得後も花のお勉強を続けたい方や協会からサポートを受けたい方は会員登録をなさってください。

 

Q.JFSAの会員になったらどのようなサポートを受けることができますか?

①花の情報、JFSA情報をメールで受け取ることができます
②審査なしで花材・資材店と法人契約を結べ、卸価格で商品を購入できます(一般会員対象外)
③教室を開校する人には、運営面でのバックアップをご用意しています。
④デザイナーという肩書をもって花の販売ができます。
その他、具体的な内容につきましては、教室運営サポートシステムをご覧ください。

 

Q.デザイナーはどんな人がなっているのですか?

フラワー講師、主婦、会社員などさまざまな方が活動しています。やる気があればどなたでも登録可能です。

収入を得る目的よりも花の資格を生かして社会貢献したいという方がデザイナーとして多く活動されています。

会社員の方も副業扱いにはなりませんので自由に活動いただいております。

 

Q.他の協会に所属しているのですが、JFSAにも入会することはできますか?

できます。但し複数の団体に所属することを禁止している協会もございますので現在所属されている協会に確認してください。

 

Q.自己流でアレンジをしてきましたが、花を習う必要性はありますか?

自己流でもある程度のものは作ることができます。しかし作品の完成度を見比べればその差は歴然です。

リーフの使い方、ワイヤリングやテーピングの方法などそれぞれプロのやり方があり、すべてが集約されて完成度の高さとして現れます。

花の基礎知識、色合わせやセンスなどを総合的に学ぶことで自信をもって作品作りができるのではないかと思っております。

 

Q.ディプロマ発行料はいくらですか?

15,000円(税別)となっております。

 

Q.他協会から移行したい場合はどのような手続きが必要ですか?

2016年から他協会のディプロマをお持ちの方はお手続きが簡単になりました。

お問合せフォームよりご連絡いただきましたら、当協会から「移行申請書」「契約書」をメールにてお送りいたします。必要事項をご記入の上期日までに当協会へご郵送ください。

移行申請料5,000円(税別)とJFSAご入会金5,000円(税別)、各会員年会費をお支払いただきましたらお手続きが完了です。

尚、教室を運営されている方でJFSAディプロマコースをご指導なさりたい場合は、他協会で取得したディプロマと同じものでしたらすぐに開講が可能です。

例)他協会でプリザーブドフラワーのディプロマを取得➡JFSAプリザーブドフフラワーディプロマコース開設可

それ以外につきましてはディプロマコースを受講していただく必要がございます。

 

Q.他協会でディプロマを持っていてもいきなりJFSAコースを教えるには不安があります

移行申請が完了しましたらマニュアルをお渡しいたします。ディプロマをお持ちの方でしたら、マニュアルを読めば基本通りにお作りいただけます。ご不明な点がございましたらいつでも回答いたします。また実際カリキュラム作品をお作りになりたい方は講師特別価格10,000円(税別)/1作品で受講可能です。特に試験課題となりますブーケにつきましてはご自身の生徒様の合格率を上げるためにも1回は受講していただきたく思います。